2021年12月01日

焼き芋大会☆

11月30日、地域の広場で焼き芋大会をしました。

20211130 (312)b.jpg

ごた畑で元気に育ったサツマイモちゃんたちを使っています☆

20211130 (340)b.jpg

とても暖かい焚火の火。
みんなで手をかざして温まってみたり、「かきねのかきねの曲がり角〜るんるん」と歌も口ずさんでみたり、自然と火のまわりで遊びが生まれていきます。

20211130 (200)b.jpg

火の勢いに釘付けになり、思わずお友達と手をぎゅっと握りあうチビ姉さんズ。

20211130 (139)b.jpg

お仕事の落ち葉拾いも積極的に参加してくれました。
火を絶やさぬよう、子どもたちの身体も自然と動きます。

20211130 (323)b.jpg

すると、大きい子の働きっぷりを見ていたチビ太くん。
ボクも!という感じで、自分でバケツに落ち葉を集めて運んでいました。
大きい子から見て学ぶ、これぞ異年齢の醍醐味です。

20211130 (169)b.jpg

落ち葉をくべたその瞬間、ボッexclamationと火の勢いが増します。

20211130 (182)b.jpg

その大迫力たるやっexclamation×2

20211130 (203)b.jpg

焚き木を上手にくべられる子。
上手にできる子のやり方を見て学ぶ子。
やっているうちに自分の感覚で学んでいく子。
へっぴり腰になりながらも火に関わることが面白くてしかたない子。
何回やっても怖い気持ちがなくならず、逃げ腰になりながらも、それでもやっぱりやりたい子。
ただじっと、火を見つめる子。

・・本当にいろいろです。
それぞれの性格がよく現れていていて、見ていてとても面白いです。

20211130 (417)b.jpg

「暖かさ」と「怖さ」その両面を併せ持つ火。
その両面を、しっかり肌で子どもたちに教えてもらった気がします。
火って本当にいいですねぴかぴか(新しい)

焚火も落ち着いてきた頃、その周りで自然と子どもたちの遊びが展開されていました。

20211130 (483)b.jpg

さて、待ちに待った味見タイムぴかぴか(新しい)

20211130 (485)b.jpg

あっつい!あっつい!!・・あせあせ(飛び散る汗)
と、みんなハフハフしながらできたての焼き芋をほおばっていました。

20211130 (516)b.jpg

「おかわりは1人一個だからね〜〜!」
という大人の声をあえて聞き流し、焼き芋の前に鎮座してひたすら手と口を動かし続ける食いしん坊たちでした(笑)

心も体も温まった素敵な焼き芋タイムでした〜ぴかぴか(新しい)いい気分(温泉)
posted by ごた at 14:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ごたごた日誌

「やってみたい」を保障する。

20211130 (250)b.jpg

お散歩へ出るとき、ジャンパーを着てもらおうとすると、どこかすんなり着ない娘。
おや・・?これはもしかして・・前後逆をご所望ですか・・!?・・で、
「こう着たい?」と聞くと、トトロみたいにニヤリと笑う。
で、こうなりました(笑)

大人が見ると、着心地が良くないように見えてしかなたいのだけど、本人はこれでとっても満足そう。
この日は結局最後までこのままでしたわーい(嬉しい顔)

毎日毎日、いろんな場面で子どもの「こうしたい」、「やってみたい」場面に遭遇します。
それはそれは、天文学的数字のごとくたくさんの場面で。
全てのその気持ちに一つひとつ応えるのは難しいかもしれないけれど、子どもの「やってみたい」と、それに寄り添う大人がお互いに折り合いどころを探る日々です。
毎日毎日淡々と。ひたすらその繰り返し。
posted by ごた at 12:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ごたごた日誌

ごたっこ縁日

10月も終わりになるころ、ごたの秋行事「ごたっこ縁日」がありました。

20211030 (204)b.jpg

お面コーナー、ヨーヨー、昔遊び、アート遊び、食べ物屋さん・・

20211030 (291)b.jpg

20211030 (150)b.jpg

いろいろなお楽しみコーナーが準備されていて、ごたっこたちはチケットを手に、それぞれのコーナーで遊びを楽しんでいました☆

なかでも目玉企画だったのが、「おやじヒーローショー」exclamation

20211030 (332)b.jpg

もやはごたの伝統ともなりつつある絶壁アンパンマンに、なぜかキュウリを両手に握りしめたグリーンマン、そして怪しいプリキュア・・

20211030 (334)b.jpg

もう絵的にシュールすぎるヒーローたちが、活躍することなく軒並み悪者たちにどんどんとやられていってしまうとっても不思議なストーリー(笑)

20211030 (343)b.jpg

シナリオはあるが打合せはない!ただ一度きりのぶっつけ本番。
そのため不思議な間があったり、段取り間違えたり、見ている大人たちはもうそれを含めて面白い。
それなのに子どもたちもどんどん引き込まれて夢中になって見入ってしまうという、なんとも言えない素晴らしい出来栄えぴかぴか(新しい)
おやじたちのアドリブの中で生まれた空気感が不思議とそうさせたのか何なのか。。

終わった後の、演者と観客がともにキラキラした表情をしていて、それがとても印象的でしたぴかぴか(新しい)
お父さんたち、ありがとうございましたーexclamation
とても楽しかったですexclamation×2

なかなかイベント事が難しい、いまのご時世。
それでもみんなで楽しむことは諦めたくない。
外での短い時間ではありましたが、みんなで顔を合わせて共に楽しむ行事をやることができて、本当によかったです。

何も気にすることなくみんなで交流できる日が、はやく来るといいですね。
posted by ごた at 11:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ごたごた日誌